女性の性生活について

不感症、みなさんはどういったことがこの言葉に該当する症状なのかということをご想像していただくことはできますでしょうか?
大体の方が恐らく、この漢字から連想されるように、感じることができない症状である、この程度の認識で想像されているのではないかと思います。
大体そのままの意味で認識をしてとらえてもらっても問題はないのですが、
この症状の中には、オーガズム不全といった症状も存在しており、これは男性ではなく、女性特有の症状とされております。
では、具体的にはどういったもの、症状のことをこの不感症というのかをご説明いたしますと、
生物学や解剖学的視点から見てみると、この症状は、女性に何かが欠けているといったようなことなのではなく、性的感情を抑圧される、や阻害、阻止といった障害があることにより引きおこるといわれています。
女性のこういった性的な満足感を得るために必要なものは、性的な成熟した感情が必須といわれており、パートナーとなる男性も性的なイメージを掻き立てるような行動をしなければ満足を得ることができないとされています。
男性と女性とでは根本的に、性行為の喜びの感じ方が違うといわれており、女性は男性からの愛を感じたときに性的な欲望を感じるとされており、その結果で性行為を行うことで、オーガズム【絶頂】を感じることができるのです。
しかし、はじめにあげた感じることができなくなる症状とは、このオーガズムを感じることができなくなる女性が場合があり、その原因としてあげられるのはなんと、パートナーとなっている男性のインポテンツや早漏といったようなことへの罪悪感や、恐怖といったことが原因となり、女性自身が男性からの愛を感じ、そのまま性交渉を行っているさなか、絶頂する、つまりはオーガズムを感じるよりも、相手の男性も一緒に気持ち良い性行為を行うことを気遣うことにより、結果的に女性がオーガズム不全となってしまうケースが増えているようです。
これらの問題には、婦人科医に相談する、や他の専門医師に相談するといったケースもありますが、
近年では、女性用のバイアグラであるラブグラといわれる商品も販売されており、この商品を服用することで女性自身のオーガズムを感じることができるような成分が服用されております。
実際に、オーガズム体験自体をしたことがないという方にも女性用バイアグラのラブグラを試してみてもらえればと思います。